テレフォンセックスではどんな会話をするの?

テレフォンセックスは通話状態で音声を使って疑似セックスを楽しみオナニーをすることでより精神的に興奮を強く得て快感を得るというようなコンセプトの娯楽になっています。
しかし、テレフォンセックスというのは初心者だったり未経験者にとっては何をしていいのか、どんな会話をしていいのかわからないという人もいるでしょう。
そんな、テレフォンセックス未経験者にテレフォンセックスというのはどうやって会話をしたらいいのかということをお教えしましょう。

テレフォンセックスの会話の内容

テレフォンセックスでは、基本的には要はセックスをしているような会話をすればいいのですがその会話の中に絶妙に指示を入れたり自分の行動を表明したりするということが非常に大事なんですね。
あくまで会話を重視したり、喘ぎ声や吐息の中に交えることによって臨場感を出しながらも、セックスをしている最中にどんな風に行動しているのかを相手にわかるように言わなくてはいけないのです。
具体的には、例えば基本はテレフォンセックス中は喘ぎ声を交え「気持ちいい」「そこもっと」「可愛いよ」などの相手を褒めたり感想を交えるような言葉をエロい吐息交じりで口にしながらも自分が攻め側、つまりリード側に回るとテクニックというか腕があるかどうかが見極められます。
ここでポイントになるのは、自分が行動を口で説明しなければいけないのですが、説明口調を押しすぎると冷めてしまうということです。
なので、如何にセックスをしながら自然な形で自分の行動を相手に伝えなくてはいけないのです。

行動を上手く自然に伝え紛れさせる

fnjliyfd
具体的に説明すると、例えばセックスの時にあえてどこを触るかというようなことを口にして触ることってありますよね。
ああいう感じで、自分が今からどこを触るか、ということを口にしてスタートすると相手はイメージしやすいのです。
胸を触るのであれば「おっぱい触るよ…?」から始めるといった感じですね。
しかし、あくまでそれは始動キーのような物にすぎません。
さらにそこから、相手が触られていることをリアルタイムで体感できるようにしなければいけません。
そこで吐息を深く出したり、「あぁ…柔らかい…」といった感想を口にする、「乳首立ってる…」というような相手の状況を口にする、そして「気持ちいい…?ここ」というように触りながら尋ねているというような形にするなどして、セックスで実際にするような言葉のやり取りの中に情景を想像しやすいファクターを交えることで、自然な形で音声だけでこちらの行動を相手に伝えイメージさせることができるんです。

テレフォンセックスはリードが大事

テレフォンセックスの中でも、疑似セックスではこう言ったリードテクニックというのが非常に大事です。
実は、テレフォンセックスプレイヤーとして長く遊んでいる人でもあまりこのリードテクニックを習得している人は多くはないのです。
だから、これができるようになるとテレフォンセックスでモテるようになるんです。
リードテクニックは、演技力と如何に自然なセックスの流れで言葉を挟み込むことができるか、言葉攻め風にしたりすることができるか、というような要素が加わってきます。
テレフォンセックスの会話は、こういう自然なセックスの流れの中に、如何に相手のイメージを掻き立てるような事を言えるかということが大事です。
テレフォンセックスの会話は、行動と言葉攻めの両立が大事です。

新着情報

◆2016/01/19
テレフォンセックスではどんな会話をするの?の情報を更新しました。
◆2016/01/19
基本情報の情報を更新しました。
◆2016/01/19
非日常テレフォンセックスの会話内容とはの情報を更新しました。
◆2016/01/19
テレフォンセックスの指示オナで興奮させるための内容の情報を更新しました。
◆2016/01/19
テレフォンセックスの会話内容とはの情報を更新しました。