テレフォンセックスのあまり良くない会話の内容について

テレフォンセックスでは、会話が相手との意思疎通でありセックスの流れを司る自分の行動そのものでもあります。
だから、テレフォンセックスの会話の内容というのはテレフォンセックスの骨組みになるポイントになっているといっても差支えはないでしょう。

テレフォンセックスの会話内容でお勧めしない事

テレフォンセックスを進行するときには、会話である程度流れを作っていくことになるのですが、こういう会話の持って生き方をするとテレフォンセックスがちょっと冷めてしまうということがありますのでこういうことはしない方がいいというのを紹介しましょう。
まず、一番反応が悪いことが多いのが効果音を自分の口で言う、ということですね。
口で効果音を立てるのではなく、自分の声で例えばしゃぶる音なら「ちゅぱちゅぱ」とその擬音を口にしてしまうことです。
実はこれ、男性でも女性でもかなり冷めることの多い表現方法なんです。
口で、擬音を立てるのはエッチな音が立って興奮をあおることになるのですが口でそれを言われるのはかなり笑えてしまうことが多いのでやめておいた方がいいでしょう。

一辺倒な攻め言葉

テレフォンセックスでは、言葉攻めもとても大事なのですがこれが一辺倒になりすぎるのもやはりテレフォンセックスの会話内容としては興奮が冷めてしまうことが多いです。
「ほらほらほら」とか「それそれそれ」のような感じで言葉で表現する方法がわからないから、とりあえず何だか攻めてるっぽい雰囲気を出すような言葉を言っておけばいいか、というような感じがする上にボキャブラリーが少なく、表現力が薄いので相手も何をされているかイメージしにくいんです。
これも、テレフォンセックス初心者に多いやり方であり会話の内容なのですが、これをやる人は間違いなくテレフォンセックスで好かれることはありませんので、早急に修正した方がいいと思います。
テレフォンセックスは、音声でいかにイメージを作るかが勝負なのです。

関連する記事